目元の乾燥対処法。これであなたも-5歳

保湿化粧品ランキングちぇき(`・ω・´)ゞ > 乾燥対策 > 目元の乾燥対処法。これであなたも-5歳

目元の乾燥対処法。これであなたも-5歳

118

冬はお肌の乾燥が気になる季節ですね。お肌が突っ張ったり、ピリピリしたり、酷くなると粉を吹いてしまう場合もあります。
主に乾燥肌というと頬や顎のあたりを気にしそうですが、実は見落としがちな乾燥する場所として目元も挙げられます。
目元が乾燥していると老け顔に見えてしまうし、健康的に見えません。
また、長く目元の乾燥が続くと皺になりそうで怖いですよね。
目元は顔の印象にダイレクトに影響を与えるので、出来る限り目元の乾燥は避けたいですよね。
しかし、目元は敏感な顔のお肌の中でも特に敏感な部位なので、ケアする時には十分に注意しなければいけません。
ではそんな目元の乾燥について見て行きましょう。


目元の乾燥を引き起こす原因

目元の乾燥を引き起こす原因にはどのようなものがあるのでしょう。
瞼等は皮脂腺が少ないので乾燥しやすくはありますが、他の部位の乾燥肌と同じく、主に洗いすぎや潤い不足が挙げられます。
アイメイクにはクレンジングもしっかりと使用し、綺麗に落とすためにゴシゴシと擦ってしまいがちです。
目元の皮膚は非常に薄いので刺激に弱いし、濡れたお肌を擦ってしまうことによって目元のお肌がダメージを受けてバリア機能が失われていってしまいます。
すると洗顔後に保湿を十分に行っても潤いが保持されないお肌となってしまうのです。

目元の乾燥の対処法

では、目元の乾燥に対処するにはどのような方法があるのでしょう。
まずはクレンジングを見直すと良いでしょう。洗浄力の強いタイプではなく、馴染ませて落とす刺激の弱いタイプのクレンジングが良いでしょう。
また、早く落とそうと擦らずにメイクとクレンジングを馴染ませて撫でるように落としましょう。
スキンケア商品を見直すのも良いでしょう。
洗顔後に化粧水、乳液、クリームと使用していると思いますが、乾燥肌の場合は成分までこだわりましょう。「セラミド」が配合されている商品を使用するとお肌のバリア機能を補ってくれるので潤いを保持しやすいお肌になります。
お肌の潤いを保持しているクッションのような役割をしているのがセラミドなので、セラミド配合の化粧品を使うことで潤いを保持しやすいお肌へと導くことにつながるのです。

アイクリームの効果とは

目元の乾燥対策はなんといっても保湿が一番です。
しかし、目元のお肌は他の部分の3分の1程の厚さであり、非常に薄いです。
なので、目元専用に作られているアイクリームを使用したほうが刺激も少なくて安心だし、様々な効能の商品もあるのでオススメです。ただし、いくら目元専用といってもやはりアイクリームを使用する時に強くこすってはいけません。
癖でこすってしまいやすい人は、伸びやすい商品を選んでみると良いでしょう。

目元の印象はその人の印象にダイレクトに影響するといえるでしょう。
目元がふっくらとハリを持って潤っているのと、乾燥してシワシワしているのとでは印象が5歳は違います。
是非この機会に目元のケアにも力をいれて-5歳を目指しませんか。