保水力が要!50代の肌におすすめの保湿化粧品3選

保湿化粧品ランキングちぇき(`・ω・´)ゞ > 保湿化粧品 > 保水力が要!50代の肌におすすめの保湿化粧品3選

保水力が要!50代の肌におすすめの保湿化粧品3選

女性にとって、年齢を重ねるにつれて気になってくるのがお肌の老化です。

若い頃は透明感のある健康な肌の人でも、50代になると、誰もが乾燥やくすみ感、ほうれい線やシミなどの悩みを抱えます。

しかし、歳だからと諦めることはありません。50代肌の悩みに合わせて必要なエイジングケア化粧品を使って、ハリや潤いを取り戻すことは可能なのです。

今回は、50代の肌のメカニズムと必要なスキンケア、そして、おすすめの化粧品を紹介します。

50代の顔を老けさせる原因

女性は40代から50代に閉経を迎えることから、女性ホルモンが急激に減少し始めます。
そのため、肌に大きな変化を感じる年代なのです。

女性ホルモンと肌の調子は密接に関係しています。
ホルモンの減少とともに肌の乾燥が急激に進んだり、シミが濃くなったり肝斑が現れたりします。

また、ホルモンバランスが乱れると、肌が生まれ変わるターンオーバーも乱れ、肌の調子を変える大きなきっかけにもなります。

急激な肌の乾燥によるシワやシミの悪化

女性ホルモンの減少にともない肌が乾燥して弾力が失われると、皮膚が硬くなり、目尻や口元にシワができやすくなります。

また、水分量が減ってハリや弾力を失った肌は、引き締める力がないため毛穴が開ききってしまいます。
その開いた穴が影となり、顔全体がくすんだ色に見えてしまうことにもなるのです。

さらに、ホルモンバランスの乱れが原因で肝斑やシミが悪化することもあります。

ターンオーバーの衰えによる肌悩みの深刻化

皮膚細胞が生まれ変わる周期のことをターンオーバーといいます。

1つの細胞の生まれ変わり周期は20~30代の女性でおよそ28日です。
40代で約55日、50代では約75日になり、ターンオーバーは加齢とともに遅くなっていくのです。
そのため、傷が治りにくくなったり、老廃物が長く肌の表面に残り、くすみやシミの原因になります。

肌で人相が変わる!?

肌の状態は、見た目の年齢を大きく左右してしまう重要な要素です。
急激な乾燥で目元のシワやほうれい線が目立つようになり、さらに筋力の低下で皮膚がたるんで下がると、一気に老け込んだ印象になります。
さらに、ターンオーバーの遅れで顔色はトーンが暗いくすんだ印象にもなってしまうのです。

50代の肌悩みを改善する!

肌の老化や乾燥を感じてきたら、50代の肌に合った美容成分で丁寧にケアを続けていきましょう。
「歳だから仕方がない」と考えないようにします。

年齢に合わせたケアを行えば、見た目だけでなく印象まで変わってきます。
ここからは、50代のスキンケアに必要なポイントを確認していきます。

保湿対策の要はセラミド

肌の水分量を保つために必要な成分がセラミドです。
セラミドはもともと肌の角層の中にある成分で、肌細胞の間で水分を吸収し、蓄えて逃さない性質があります。

しかし、50代はターンオーバーの衰えで、セラミドも不足気味の状態が続くことになります。
50代の肌が水分を保持できる力は、20代の肌の半分以下といわれており、年齢を重ねるほど保湿の必要性が高くなります。

ぜひ50代のスキンケアでは、セラミドが高濃度で配合されている化粧品を選びましょう。
セラミド配合率が高濃度であればあるほど、肌の乾燥を防ぐことができます。

また、セラミドのほかにも保湿力を高める以下のような成分もあります。

ヒアルロン酸

元々体内にある成分で、水分を多く抱え込んで角質層にとどまるため、潤いを生み出します。

リピジュア

医療用に作られた保湿成分です。
ヒアルロン酸の2倍の保湿力で、角質層のバリア機能をサポートします。

プラセンタ

胎盤から抽出したエキスです。
細胞の分裂や増殖を促進させ、傷んだ肌を修復したりターンオーバーを回復させてくれます。

コラーゲンを強化してハリを生み出す

コラーゲンを増やすことで、肌にハリや弾力を与えることができます。
しかし、コラーゲン入りの商品を塗ったり食べても、肌までは届かないことがほとんどです。
そのため、摂取ではなく、コラーゲンを作り出す細胞を活性化させるほうが肌には効果が高いのです。

そこで、コラーゲンをたくさん作り出すために有効な成分を紹介しましょう。
これらの成分が含まれる化粧品を使うのがコラーゲン強化への近道です。

ビタミンC誘導体

皮膚に吸収されるとビタミンCに変わり、コラーゲンの生成を促進します。

レチノール

体内にあるビタミンAの一種。皮膚でレチノイン酸に変わり、コラーゲンの働きをサポートします。

ナイアシン

抗酸化作用を持つ水溶性ビタミン。コラーゲンの合成を活発にする作用があります。

アスタキサンチン

サケやエビ、カニなどに多く含まれている赤色の色素成分です。強い抗酸化力で、紫外線に弱いコラーゲンを守ってくれます。

肌が弱ったときの「いたわりケア」

刺激によるダメージを受けやすく、体調で肌の調子も変わる50代の肌には、「敏感肌用」の基礎化粧品がおすすめです。
50代のスキンケア化粧品は、若い頃と同じものを使ってはいけません。

「長時間日差しを浴びた」、「ほこりっぽい場所にいた」、「疲れを感じる」。

そんな日は敏感肌用化粧品にシフトして、いたわりケアを心がけましょう。

洗顔のポイント

クレンジングはメイクをしっかり落とすことを考えて作られているため、肌への刺激をともないます。
しかし、肌の乾燥が進む50代は、できるだけ負担のかからないクレンジングを選び、潤いを失わないようにする必要があります。

まず、オイルタイプはメイクを落とす力が強いですが、乾燥ぎみの50代の肌には刺激が強い場合があります。
濃いメイクやウォータープルーフのメイクを行った部分だけの使用にとどめましょう。

通常のパウダーファンデやチークなら、ミルクタイプやクリームタイプのクレンジングを使うと、潤いを残して、メイクを落としてくれます。
皮脂を落としすぎないことが重要なので、強い洗浄力のクレンジングを使わなくても済むメイクを心がけるとよいでしょう。

50代におすすめの高保湿化粧品

50代のスキンケアは、高い保湿力とエイジングケア効果だけでなく、肌をやさしく労わるお手入れが必要です。
ここでは、ハリや弾力を取り戻す高い効果と、安心な配合成分を兼ね備えたおすすめの保湿化粧品を紹介します。

低刺激なのにエイジングケア「アヤナス」

アヤナスは敏感肌・乾燥肌に特化して作られたエイジングスキンケア製品です。
肌本来のバリア機能が弱い敏感肌をケアしながらしっかり保湿します。

人の身体にあるセラミドと同じ成分を配合しており、肌が水分を保持する力をサポートします。
そのため、弱った敏感肌を若々しいハリのある肌へと改善します。

オールインワンが魅力「メディプラスゲル」

化粧水、乳液、美容液にシートパックと、お手入れをあれこれ行うと、そのたびに摩擦が起きます。
すると、肌にどんどんダメージを与えることになります。

メディプラスゲルはオールインワンだから、これ1本でお手入れが終わります。
そのため、肌への負担である摩擦を最小限にすることが可能です。
さらに、この1本で、ヒアルロン酸、コラーゲン、セラミドなど必要な成分を肌に与えることができるのです。

ナノ化技術でハリを取り戻す!「アスタリフト」

富士フイルムが長年培った写真分野の研究技術を駆使して開発したのがアスタリフトシリーズです。
独自のナノ技術でアスタキサンチンとリコピンを極小化して配合、角質の隙間に深く浸透し、肌のハリを取り戻します。

50代の肌も努力と工夫次第!

若い頃のお肌と同じ状態にすることはできません。
しかし、丁寧にケアしてあげることで、お肌の老化を防ぎ年齢よりも若く見えるような肌にすることは可能です。

最近では、50代のスキンケアに特化したコスメがたくさん開発されいます。
これらを上手に取り入れてお手入れすることで、50代でもハリや潤いをキープすることができます。

スキンケアだけでなく食事や表情筋にも気を配って生活することも、体の内側から美しさを生み出す秘訣になります。
肌の老化に気付いた50代こそ、丁寧なケアで生き生きした毎日を過ごしましょう!