本格スキンケアを始めよう!20代が使うおすすめ保湿化粧品5選

保湿化粧品ランキングちぇき(`・ω・´)ゞ > スキンケア > 本格スキンケアを始めよう!20代が使うおすすめ保湿化粧品5選

本格スキンケアを始めよう!20代が使うおすすめ保湿化粧品5選

肌の変化がはじまる、20代。
自分の肌に合った本格的なスキンケアを始める大事な時期です。

10年先も綺麗な肌でいるためには、肌の悩みを解消するお手入れだけでなく、じつは保湿ケアがとても大事なのです。
今回は、20代にやっておくべき保湿ケアのポイントやスキンケアアイテムをご紹介します。

20代の肌ではなにが起きているの?

“お肌の曲がり角”といわれる時期にもさしかかる20代。
肌に変化が起き、自分の肌質や悩みが見えてきます。

どんなスキンケアが自分の肌に合うのか。
正しいお手入れをするためには、まず自分の肌タイプとその特徴をしっかりと知ることが大切です。

生活環境が変わりやすい年代

20代といえば、進学・卒業・就職というさまざまなイベントがあります。
生活が変わっていくなかで気づかないうちにストレスが溜まり、肌にも影響を及ぼします。
逆に、20~30代はホルモンバランスが安定するので、肌の状態が落ち着く時期でもあります。

20代のお肌のためのスキンケア選び

生活環境によって変化していく20代の肌。
10代のころよりもさらに、スキンケア選びは気をつけなければなりません。
ここで、20代の肌にオススメしたいスキンケア方法をご紹介します。

低刺激化粧品のすすめ

どんな肌状態でも使いやすいのが、低刺激の化粧品です。
変化するということはとても敏感になっている状態なので、低刺激の優しい成分でケアしてあげると肌状態が落ち着きます。

大人ニキビはうるおいも忘れずに

20代になってもできるニキビですが、10代のころのニキビとは原因のちがう「大人ニキビ」といわれるものなのです。

大人ニキビは、乾燥によって毛穴に角質が溜まることから発症します。
乾燥が原因ということは、保湿がとても大事になります。

そのなかでもセラミドは、年齢とともに減っていく肌の保湿成分。
肌の保湿を保つためには、スキンケアでセラミドを補充してあげましょう。 

「洗顔」はワンランク上を

 
洗顔は、スキンケアのなかでも大事なステップ。
洗顔をないがしろにすると、そのあとにいくら丁寧なケアをしても効果は得られません。

洗顔で大事なのは汚れを落とすことですが、汚れと一緒に必要な皮脂までとってしまうほど洗浄力の強いものは肌へのダメージとなり、乾燥してしまいます。
洗顔しても肌にうるおいを残してくれるものを選びましょう。

洗顔のコツは?

洗顔をするときは、手でゴシゴシ洗ってしまうと傷ついてしまいます。
しっかりと泡立てて泡で撫でるように洗い、ぬるま湯か冷水でしっかりと流しましょう。

角質ケアは肌にやさしいものを

角質ケアはしっかりと角質汚れを取ってくれる反面、刺激にもなってしまいます。
とくに20代の肌は敏感になっているので、乾燥の原因に。

毎日ではなく、肌の状態を見ながら月に2回程度、ミルク・ジェル・洗顔パウダータイプなどの肌に負担に少ないものを選びましょう。
正しい方法で角質ケアを行えば、ニキビなどの肌トラブル、たるみやくすみなどの予防になります。

20代肌を女優クラスに!保湿化粧品5選

ここで、20代の肌を美しく保ってくれる保湿化粧品をご紹介します。

オルビスクリア

薬用スキンケアシリーズの『オルビスクリア』。
女性特有の肌悩みに有効な成分が含まれているので、敏感肌の大人ニキビにも効き目があり、しっかりと潤いも与えてくれます。

洗顔後に使用する「薬用クリアローション 180ml/1,500円(税抜)」で肌を整え、さらに保湿効果の高い「薬用クリアモイスチャー 50g/1,700円(税抜)」で潤いを与えます。

アクセーヌ

デパートにも入っている、信頼の高いスキンケアブランド『アクセーヌ』。
皮膚生理学の本質に基づき開発されているスキンケア商品は、敏感肌の乾燥からニキビエケアやエイジングケアなどの肌悩みまで、さまざまな種類が揃っています。

保湿にはセラミドを補給してくれる保湿ジェル「モイストバランスR 50g/5,500円(税抜)」、大人ニキビには「シーバムクリーンウォーターACモイスト 200ml/」で水分補給をしましょう。

メラノCC

ロート製薬から発売されている、ドラッグストアで気軽に購入することができるこちらのブランド。
活性型ビタミンCとビタミンE誘導体によってシミを予防し、さらに抗炎症や皮脂の抑制の効果もあるのでニキビケアに。

高浸透のビタミンC誘導体が配合されていて、美白効果も保湿効果も高い「メラノCC 薬用しみ対策美白化粧水 170ml/オープン価格」。
シミやそばかすにピンポイントに働いてくれる美容液「メラノCC 薬用 しみ集中対策美容液 20ml/オープン価格」でニキビの予防も。

資生堂 dプログラム

資生堂から発売されている『dプログラム』は、敏感肌の肌悩みに合わせて4つのシリーズが発売されています。
肌に刺激を感じるデリケートなときや、時々ひりつくといった不安定なときなど、そのときの状態に合わせて選ぶことができます。

保湿メインのモイストケアシリーズでは、低刺激の化粧水「モイストケアローション 125ml/3,500円(税抜)」、潤いを持続させる乳液「モイストケアエマルジョン 100ml/3,800円(税抜)」で敏感な肌にもしっかりと浸透し、保湿してくれます。
百貨店だけでなく、ドラッグストアでも購入することができます。

つつむ

敏感肌・乾燥肌研究のポーラから誕生した、ディセンシアブランドのシリーズ『つつむ』。

肌の保湿に必要なヒト型セラミドがしっかりと浸透する「ローションセラムE 120ml/3,400円(税抜)」、独自開発のヴェールによって肌に膜を作る「フェイスクリームR1 30g/3,000円(税抜)」など、敏感肌でも綺麗な肌になれるスキンケアアイテムが揃っています。

保湿効果UPのお手入れ方法

それだけでも効果のある保湿系のスキンケアアイテムですが、少し手を加えるだけでその効果はさらにアップします。
絶対に乾燥しない肌になるためにも、ぜひ試してみましょう。

朝は水洗顔だけで充分

洗顔で注意すべきなのは、皮脂の落としすぎ。
皮脂が落ちすぎてしまうことによって、肌のバリアが崩れて乾燥が起こります。

熱湯は乾燥しやすく肌に負担がかかるので、ぬるま湯か水で洗顔してみましょう。
そうするだけで、乾燥肌が改善されることも!

基本のお手入れを欠かさない

美容成分の高いスキンケアアイテムを使うことは美肌への近道となりますが、ちゃんと毎日スキンケアを行わないと効果は出ません。

メイク落とし、洗顔、保湿などの基本のケアは、毎日欠かさずに行うことが一番大切です。

メイクを丁寧に落として保湿

疲れて帰ってきてそのまま就寝…なんてことありませんか?
ある調査によると、女性のうち3分の1の人が、週に2回もメイクを落とさずに眠ってしまうことがあるということがわかりました。
しかしこれ、美肌になるために絶対してはいけない行動。

メイクは肌の負担になるので、長時間しているとかなりのダメージに。
どんなに疲れていても、基本のスキンケアは毎日かならず行いましょう。
それをしっかりと守るだけでも、清潔な美肌をキープすることができます。

20代のスキンケアは美肌のチャンス!

自分自身の体や生活の変化が起こる20代。
それは肌にも影響し、さまざまな変化による肌ゆらぎを起こしてしまいます。
そんなときこそ、自分の肌をちゃんと観察してしっかりと対応しましょう。

ダメージを受けやすいデリケートな時期には、そのままにせずにそのときの状態に合った保湿成分や有効成分で、きちんとしたケアをすることも大切です。

10年先、20年先も美肌でいるために、肌の生成で一番大事な20代の今こそ完璧なスキンケア、規則正しい生活を心がけましょう!