男の肌に潤いを!メンズにおすすめ保湿クリームで脱カサカサ肌

保湿化粧品ランキングちぇき(`・ω・´)ゞ > 保湿クリーム > 男の肌に潤いを!メンズにおすすめ保湿クリームで脱カサカサ肌

男の肌に潤いを!メンズにおすすめ保湿クリームで脱カサカサ肌

今や男性がスキンケアをするのは当たり前の時代になりました。

しかし、男性のみなさんはお肌の保湿は「化粧水だけで充分」と思っていませんか?

実は、それは大きな間違いなのです。

ベタベタするのがイヤだからと化粧水の後の保湿を怠っていると、かえって乾燥してしまう可能性もあるのです。

そうならないようにしっかりと保湿対策をしていきましょう!

今回は、“男性の肌を若々しく保つのに欠かせない保湿ケア”について紹介していきます。

男性が保湿クリームを「つけるべき」理由

男性の保湿ケアでは、具体的に何をすればよいのでしょうか?
それは、洗顔後、化粧水の後に「保湿クリーム」を付けることです。

保湿クリームこそ、男性の保湿ケアにピッタリなのです。
その理由を解説していきます。

「化粧水をつけて終わり」の間違い

洗顔後に化粧水をつけるだけのスキンケアをする男性は多いでしょう。
しかし、化粧水だけのスキンケアでは、保湿はされないのです。

実は化粧水で肌を整えてから油分でフタをすることで、初めて「保湿」ができるのです。

また、男性ではオイリー肌の人も多くいます。
しかし、オイリー肌は保湿ができておらず、肌が乾燥して過剰に皮脂を出してなってしまっていることもあるのです。

女性よりも肌ストレスにさらされている

実は男性の肌は、女性よりも「肌ストレス」さらされていることが少なくありません。

まず毎日ヒゲを剃ります。これは正しい剃り方をしないと肌を傷つけることになります。

また、外出時には日焼け止めもあまり塗らない人がほとんどです。
すると、紫外線を浴びて日焼けをして乾燥が進んでしまいます。

男の保湿クリームの選び方

では、具体的にどんな保湿クリームを選べばよいのでしょうか。
選び方のポイントを紹介しましょう。

肌に優しい保湿成分

肌に優しい保湿成分が入っている製品を選びましょう。
セラミドやコラーゲン、ヒアルロン酸、尿素などが入っているものは高保湿でおすすめです。
各成分には以下のような効果があります。

セラミド

角質層で細胞同士が層を作り、水分を挟みこむことで肌の保湿を保ちます。
刺激がとても少なく、高い水分保持力を持つので保湿力が抜群です。

コラーゲン

角質層で、水分を抱え込む働きをします。肌の表面にとどまり、乾燥を防ぎます。

ヒアルロン酸

水分を蓄える力が強いので、肌の表面や角質層で水分をしっかりと保ちます。

尿素

天然の保湿成分の1つで、元々角質層にある成分です。
保湿効果はもちろん、肌を柔らかく作用があります。
だから、肌が固くゴワゴワしている人にピッタリです。

気軽に買えるのは「通販」

実は薬局やドラッグストアで買える市販の保湿クリームはミネラルオイル(鉱物油)が配合されているものが多くのです。すると、肌に合わない可能性もあります。

特に男性向けに販売されている保湿クリームの中には保湿力が劣ったり、刺激性がある製品もあるのです。

そこで、おすすめなのが、“女性向けの敏感肌用保湿クリーム”です。

女性向けのクリームは、保湿力があり、肌にも優しい成分が配合されている製品がたくさんあります。

ただ、女性向けの製品を店頭で買うのは恥ずかしいという男性は多いと思います。
そこで、利用するとよいのがインターネットなどの通販です。

通販であれば人の目を気にせずに購入しやすくなります。
また、お試し用があることが多いので、自分の肌に合うかどうかを確認することもできます。

メンズが使うべきおすすめ商品3つ

ここでは選ぶポイントを踏まえたおすすめの保湿クリームを紹介しましょう。

アヤナス

元々、敏感肌の女性に人気がある保湿クリームです。
しっとり保湿すると同時に、乾燥からくる敏感肌にも働きかけるので、肌にハリと弾力を与えてくれます。低刺激で、ヒゲ剃りした後につけてもヒリヒリしません。

「お肌が弱い男性」に特におすすめです。
アンチエイジングが気になる人にも向いています。

つつむ

角層の機能を高める効果があり、肌が持つ本来の力を再生します。
潤いを与え、肌のphバランスやバリア機能、ターンオーバーの正常化を保ちます。
使い続けるうちに内側から溢れるような潤いが実感できます。

「特に肌が敏感な方」におすすめのクリームです。

ノブⅡ

ニキビ肌に優しい処方で、肌の潤いバランスを整え、有効成分がしっかりニキビ予防や肌荒れを防ぎます。
大人ニキビ肌にピッタリな成分が配合されていまるで、使い続けることでニキビができにくい肌になります。

「全体的にカサついていてニキビなどの肌荒れも気になる」という方におすすめです。

保湿クリームを気持ちよくつける方法

保湿クリームはただつければよいというわけではありません。
上手に使うことで、保湿力を高められるのです。

スキンケアは朝と夜の2回

スキンケアは朝と夜の2回行いましょう。
具体的には朝は「髭剃り後」、夜は「洗顔後」にします。

保湿クリームを上手に塗る

保湿クリームの塗り方も大切です。
ここでは、保湿クリームを上手に塗るポイントをお教えします。

①化粧水で水分補給

実は、乾いた肌に保湿クリームを入れても全く効果がありません。

乾燥した肌は、油分を弾いてしまうので、肌に浸透することなく表面に留まってしまうのです。そのため、必ず「化粧水」を塗って肌を潤わせてから保湿クリームを塗るようにします。

②使用量の半分を手にとって

商品の説明に記載されている使用量は、一度につけるには多い量になっています。
一度にすべて肌に浸透させるのは、無理があるのです。

まずは、使用量の「半分」を手に出して、様子を見ながらつけていきましょう。

③顔の各パーツにクリームをおいて

顔につける時は、手に取ったクリームを額、鼻、両ほほ、あごにポイントで置いてから、伸ばしていきます。

そして、②と③の手順を再度繰り返し、使用量の全量を塗るようにしてください。

4.目元、口元は重点的に

「目元や口元」は、顔の中でも特に乾燥しやすい部分です。
特にしっかりとクリームをつけましょう。

また、皮膚も薄い部分でデリケートなのでゴシゴシと擦らずに「厚め」に塗るのがコツです。

肌の潤いと若々しさは比例する

肌が乾燥していると「見た目年齢」に影響が出ます。
いつまでも若々しくいるためには肌の保湿が不可欠です。

化粧水の後は必ず保湿クリームでフタをする習慣をつけましょう。
保湿クリームを塗るタイミングやポイントを頭に入れて、いつまでも若々しい肌を保ちましょう!