まだ使うの?大人の肌にプチプラ保湿クリームが無意味なワケ

保湿化粧品ランキングちぇき(`・ω・´)ゞ > 保湿クリーム > まだ使うの?大人の肌にプチプラ保湿クリームが無意味なワケ

まだ使うの?大人の肌にプチプラ保湿クリームが無意味なワケ

「女子」から「オトナ女子」の年代になると、プチプラ保湿クリームでは保湿力が足りなくなってきます。

それもそのはずです。なぜなら20代から肌の保湿力は右肩下がりになるからです。
そして40歳になると20歳と比べて、肌の水分保持能力は、なんと半分になります!

20代のころは、プチプラの保湿クリームで満足していてよかったでしょう。
しかし、年を重ねるとともに肌が変化していることを考えなければいけません。

そこで、今回は、プチプラ保湿クリームではオトナの肌をフォローしきれない理由を解説しましょう。

プチプラ保湿クリーム、なぜオトナの肌には向いてない?

大人になると、肌の保湿力が低下するのは肌が持つ保湿成分が減少をするからです。40歳の水分保持能力が20歳の半分になるということは、つまり肌の保湿成分が半分に減少したといえるのです。

だから、大人の肌には、保湿成分の補給がとても大事になってきます。

そして、ちふれやキュレルといったドラッグストアなどで手に入る市販の化粧品では、この保湿成分が補いきれないが実情なのです。

大人の肌が抱える悩みはこんなに…

加齢とともに、肌の悩みはどんどん増えていきます。

例えば、代表的なものでも、こんなにたくさんあります。

・女性ホルモンやエストロゲンの減少で、水分を蓄える力が衰えてくる
・セラミドの減少で、水分と油分を抱え込めなくなり、肌のバリア機能が低下する
・ターンオーバーが遅くなり、20代と比べると倍になる
・コラーゲンやエラスチンの減少で、たるみや毛穴が目立つようになる
・シミやくすみができるようになる

これからもわかるように、「○○の減少」という、もともと肌にあった成分の減少が、ほとんどの原因になっています。

プチプラ保湿クリームは「肌を保護する」だけ

プチプラ保湿クリームでは、オトナ女子に必要な保湿成分を補給することはできません。
こうしたクリームは肌の表面を保護するだけだからです。

また、肌内部の水分量を増やすことにはならず、インナードライになっている可能性もあります。

大人の肌トラブルは、肌内部の水分量が大きく関わってきます。
そして、内側まで保湿できるものが必要です。

では、プチプラ保湿クリームについて、ニベアなどの代表的なもので詳しく分析してみましょう。

ニベア

ニベアには、全部で19種類の成分が配合されています。
そのほとんどは、肌に油膜を作って乾燥から守る成分です。

ニベアの保湿成分は「ホホバ油」と「グリセリン」の2種類だけです。
ホホバ油は、オイルの中でも非常に安全性が高く、酸化もしにくいので、扱いやすい保湿成分です。
グリセリンも低刺激な保湿成分で、肌を柔らかくする働きもあります。

ヴァセリン

ヴァセリンと「ワセリン」を同じものと考える人が多いようですが、実は別物です。
ワセリンの原料はワセリンのみで、精製度の違いがあるだけです。
一方、ヴァセリンは、ワセリン以外の成分も配合されています。

ヴァセリンに配合されている保湿成分は「白色ワセリン」「ヘパリン類似物質」「尿素」です。

白色ワセリンは原料が石油系ですが、皮膚から体内へ浸透することがないので、医療にも使われる保湿成分です。

ヘパリン類似物質とは「ヒルドイド」のことです。皮膚科でよく処方される、バリア機能を回復させる保湿成分です。尿素は、もともと角質層内にある保湿成分で、角質を柔らかくする働きがあります。

ソンバーユ

馬油(バーユ)で有名な保湿クリームです。
配合成分は馬油のみです。

馬油は、ワセリンと違い肌内部まで浸透しますが、保水力では劣ります。
植物性のホホバ油と違い、動物性のオイルなので、人の肌にもなじみやすいのが特徴です。

ユースキンA

ビタミン系の黄色いクリームです。
消炎成分や血流改善の成分も含まれています。

ユースキンAに含まれる保湿成分は「グリセリン」「ヒアルロン酸ナトリウム」です。ヒアルロン酸ナトリウムは、非常に肌なじみもよく、安全性も高いため、点眼液にも使われている保湿成分です。

改めてみてみると、こうした製品に配合されている保湿成分は、「とにかく安全性が高く、原価が安いもの」ばかりといえます。「価格のわりには、保湿効果が高い成分」といえるので、コスパは確かによいでしょう。

しかし、肌内部の保湿機能を高める成分は入っていません。肌を保護する成分がベースといえます。これでは、30代から必要になってくる保湿力には足りず、肌年齢をどんどん進めていってしまいます。

プチプラ保湿クリームではオトナは美肌になれない

プチプラ保湿クリームの肌に保護膜を張るだけのスキンケアは、どうしてもその場しのぎになります。

そのため、毛穴、たるみ、シミ、くすみといったエイジングケアには、肌の力を底上げする必要があります。それには肌を守るだけでなく、肌の力をプラスできる成分配合が不可欠なのです。

○○配合が目印!オトナが使うべき保湿クリームの成分

では、そんな大人の肌が肌年齢を上げないためには、どんな配合成分に注目すべきなのでしょうか。

セラミド

肌の角質層に水分を保持し、バリア機能を維持するために欠かせない保湿成分です。
セラミドがたっぷりとある肌は、水分がたっぷりとある肌ということになります。

セラミドにはいろいろな種類がありますが、選ぶなら「ヒト型セラミド」です。
人が持つセラミドと同じ構造なので、肌にしっかりと浸透します。保湿力が一番高いセラミドです。

ビタミンC誘導体

ビタミンCと聞くと美白を思い浮かべるかもしれません。
実はビタミンCにはコラーゲンを生成する働きもあります。
新しいシミの生成を防ぎながら、肌のハリが保てる有効成分なのです。

ビタミンC誘導体にもいくつか種類がありますが、おすすめは「APPS」です。
従来よりも100倍の浸透力がある、高浸透型のビタミンC誘導体です。

ヒアルロン酸

1gで6000mlの水分を保持できるといわれている保湿成分です。

ただし、分子が大きいため、真皮までには届かず、外側の角質層内で水分を抱え込む働きをすると思ってください。

最近では、浸透性の高い低分子のヒアルロン酸も開発されているので、商品を選ぶ時に注意するとよいでしょう。

成分がどれだけ含まれているかも重要

これらの成分が、今後の肌年齢を左右していきます。
しかし、ただ配合されていればいいというわけではありません。

せっかくの有効成分も、ほんの少量では肌のサポートにはなりません。
それではプチプラと一緒になってしまいます。

商品を選ぶ時には、成分の含有量も合わせてチェックするようにしましょう。

でもお財布が…プチプラにするなら断然「化粧水」

良質な保湿成分ほど、それなりのお値段になります。
お財布事情によっては、買い続けられない場合もあるでしょう。

そんな時は、スキンケア商品すべてによいものを使わず、化粧水はグレードを落としましょう。

化粧水の主成分は水と保湿成分なので、プチプラでもたっぷり使えば効果があります。
化粧水をたっぷりとつけた後で、有効成分配合の保湿クリームでフタをすれば、成分の浸透力もアップします。

エイジングに対抗するなら保湿クリームはケチらずに!

エイジングケアを意識する年齢になったら、保湿クリームはケチらないようにしましょう。

肌年齢は、一度進むと戻すことはかなり難しくなります。
一方、しっかりとケアをしておけば肌年齢をキープしていくことは可能です。

エイジングに対抗できる保湿クリームを使って、肌年齢を進ませないようにしましょう!