アトピーでも赤ちゃんでも使える!セラミドクリームの効果とは?

保湿化粧品ランキングちぇき(`・ω・´)ゞ > 保湿クリーム > アトピーでも赤ちゃんでも使える!セラミドクリームの効果とは?

アトピーでも赤ちゃんでも使える!セラミドクリームの効果とは?

「セラミド」をご存知でしょうか。
乾燥肌や敏感肌に合う化粧品を探していると、この言葉を頻繁に目にしますよね。

セラミドは角質層にある成分です。

肌細胞の間に水分や油分を閉じ込める作用があり、保湿効果に優れています。
もともと体内にある成分なので、お肌に優しく、アトピーの人や赤ちゃんでも安心して使うことができます。

ここでは、そんなセラミドの保湿効果とセラミドを配合した、おすすめの保湿クリームを紹介します。

敏感肌もOK!みんなに必要なセラミドとは?

セラミドは肌にある角質の細胞の隙間をたっぷりの潤いで満たして、外部の刺激からお肌を守るバリアを作ります。

角質内に十分な潤いが保たれていないと、このバリア機能が十分に働かないため、外部からの刺激を受けて肌荒れしやすくなってしまいます。特に敏感肌は、このセラミドが不足しているといわれています。

セラミドは人間の肌に元からある成分です。そのため、皮膚の弱い方でも安心して使えます。
「不足しているな…」と感じたら、積極的にクリームや美容液で補うことが大切なのです。

肌のハリに欠かせない「セラミド」

セラミドは乾燥による刺激から守るだけでなく、肌内部に水分を長時間保つ力に優れています。
肌内部に水分をしっかりと蓄えて水分が蒸発することを防ぎ、お肌をみずみずしく保ってくれます。
ハリのある肌になるためにはセラミドで、うるおいを十分に補給することが効果的です。

セラミドは「角質細胞間脂質」と呼ばれる肌に本来に備わっている保湿成分の1つです。

この角質細胞間脂質のなかでもセラミドの効果は絶大で、角質間の水分の80パーセントがセラミドによって保たれています。いったん水分をつかみこむと外部の湿度が0パーセントになっても乾燥しないということですから驚きの保湿力です。

そんなセラミドですが、年齢を重ねるごとにその数は減少してしまいます。50歳の肌におけるセラミドの量は20代の頃の半分ほどになるといいます。年齢を重ねると肌に乾燥やシワといった老化現象が現れるのはセラミドが不足することと関連しているのです。

セラミドの種類

市販の化粧品に含まれるセラミドには多くの種類があります。
しかし、その種類は大きく4つに分類することができます。
ここでは、4つのセラミドについて解説していきましょう。

ヒト型セラミド

酵母を利用して作られるセラミドで、人が持っている肌内部の細胞間脂質の構造によく似ています。
肌への親和性が高く、浸透性に優れており、刺激が少ないことが特徴です。

非ヒト型セラミド

動植物の天然成分から生成されたセラミドです。
馬や豚といった動物のほか、植物では小麦胚芽油や米ぬかなどから作られます。

疑似セラミド

セラミドと似たような構造を持っていますが、セラミドではない物質です。

天然セラミドと比べると保湿力は低く、化粧品会社が独自に「~セラミド」といった名称でパッケージに記載している場合もあります。パッケージに「セラミド配合」と、うたっていながら成分表にはセラミドの表記がない場合には、疑似セラミドであることが多いようです。

「ヒト型セラミド」配合商品に注目!

ヒト型セラミドは、保湿力と角質への浸透率が高いことが特徴です。
そのため、角質のバリア機能の改善に効果があると期待されている成分です。

ただ、これまで油やアルコールなどの化粧品原料に溶けないことが化粧品開発のネックとなっていました。
しかし、最近では技術開発が進み、ヒト型セラミドを配合したさまざまな化粧品が発売されています。

セラミド配合クリームなら「アヤナス」

注目の「ヒト型セラミド」を配合したおすすめの化粧品を紹介しましょう。

それが、ディセンシアの「アヤナス」です。

乾燥、敏感肌に特化した「アヤナス」にはナノ化したヒト型セラミドがたっぷり含まれています。
そのため、肌内部を徹底的に保湿して肌バリアを強化し、みずみずしい肌にしてくれます。

ヴァイタサイクルベール

アヤナスには肌のハリをはじめとするエイジングケアの独自技術「ヴァイタサイクルベール」が盛り込まれています。これは「ベントナイト」という粘土にヒト型セラミドを合わせた、ディセンシアの特許技術です。

皮脂を吸着する作用のあるベントナイトが肌表面に薄いヴェールを形成し、セラミドの水分キープ力をさらに強化。保水力を強化することで、肌のバリア機能を高め、ターンオーバーをサポートしてくれます。

コウキエキス

美肌になるための成分「コウキエキス」も配合されています。
これは中国南部に生息するクルミ科の植物であるコウキ葉から採取されます。

コウキエキスには炎症を防ぐ効果があります。
その効果でバリア機能が弱まって起きる肌内部の炎症を抑え、肌の状態を整えてくれます。
そして、正常な状態にすることで美容成分が浸透しやすい肌に導きます。

CVアルギネート

また、オリジナル成分の「CVアルギネート」も配合されています。
これは海藻由来の粘土成分で、コラーゲンの生成を強力にサポートします。
そのため、ハリ・弾力のあふれる肌が甦るのを実感できます。

水分保持能力が高いヒアルロン酸も配合

水分保持能力が高いことで知られているヒアルロン酸も配合されています。
このヒアルロン酸がセラミドの保水効果をさらに高めます。

アヤナスが合わない肌タイプ

非常に保湿・保水力が高いアヤナスは、敏感肌、乾燥肌の人向けの化粧品です。
そのため、脂性肌、脂性ニキビ肌の人の使用はおすすめできません。

セラミドで乾燥対策を万全に!

誰の肌にもある保湿成分のセラミド。
その保湿力の凄さがおわかりいただけたでしょうか。

セラミドは刺激が少なく安心して使用できるのが魅力です。
積極的に取り入れて、乾燥対策を万全にしていきたいですね。