コラーゲンの本当の存在価値

コラーゲンの本当の存在価値

保湿だけではなく、肌に必要なもので代表的なものにコラーゲンがあります。
美肌のためだけではなく、体全体に必要とされるコラーゲンは、豊富に必要なものです。

ですから、スキンケアだけではなく、日々の暮らしの中で、コラーゲンのある毎日を過ごすことで、自ずと肌も変化していきます。
肌全体を見ると水分以外では、さまざまな成分で構成されていますが、そのほとんどがコラーゲンです。
コラーゲンはもともとタンパク質で、細胞間に存在するものです。HT060_350A

必ずと言ってよいほど存在していて、役割といえば、弾力とみずみずしさと言われていますが、軟骨の間では、水分の含んだクッションの働きも担っています。
コラーゲンの大きな特徴として、必ず水分を含んでいるということです。
ですから、細胞間のつなぎとして、コラーゲンが豊富にあることは、それだけで保湿効果があることになります。
ところが、このコラーゲンは年齢とともに減少してしまいます。

それで、肌の保湿機能が低下することになりますが、コラーゲン配合のスキンケア製品など使用しても、その分子が大きいために肌への浸透も悪くなってしまうとされています。
また、コラーゲンだけの補給だと体内でうまく機能しないことも、保湿力アップには知っておくべきです。
コラーゲンは必ずビタミンCとセットで摂ることが理想とされています。
保湿効果を上げるためには、スキンケア製品だけでは不足してしまうことから、食べるコラーゲンとしてビタミンCと一緒に食べることをオススメします。