混合肌の処方箋、「臨機応変なアプローチ」で悩みを解決

保湿化粧品ランキングちぇき(`・ω・´)ゞ > スキンケア > 混合肌の処方箋、「臨機応変なアプローチ」で悩みを解決

混合肌の処方箋、「臨機応変なアプローチ」で悩みを解決

hoshitu-01

インナードライと混合肌。この2つは似ているようで本当は違います。
肌質のお悩みの「オイリー肌」「混合肌」は大体はインナードライと考えられていますので、判断が難しいのですが、簡単に言えば「混合肌=もともとの肌質」「インナードライ=後天的な肌の状態」という所です。
まず「混合肌」とは、カサつくのにベタつく。時々ニキビができるのに粉を吹くような乾燥?というような不思議な事が起こります。混合と言うくらいですので、部分的に状態や悩みが変わってくるのですね。乾燥しやすいのは皮膚の薄い目元や口元、テカりやすいのはTゾーンや顎など。

原因としてはオイリー肌や乾燥肌と同じ、エアコンの風や様々な外部刺激、ストレスなどによるホルモンバランスの乱れ、食生活等です。
スキンケアの基本は保湿にありますが、混合肌は、場所によって臨機応変な対応が必要と考えられていて、部分別にアプローチしてこそ改善に導く事ができます。

混合肌用のおすすめのケア方法を紹介!

箇所別にクレンジング・洗顔する事が1番良いのですが、ちょっと難しいので、肌に優しいミルクやクリームタイプがオススメ。メイクの濃さによって選んでもOKですが、何をもって混合肌かの判別が難しいのが難点。出来れば使うコスメは低刺激・無添加を選びましょう。洗顔料は同じく肌に優しい、余計な界面活性剤が入っていない、もしくは少ない石鹸タイプが吉。自分の肌のどの部分が乾燥しているのかをよく観察し、よく泡立てた物を脂っぽい所からのせて優しく洗っていきます。

洗顔後に一番に付ける化粧水。こちらも肌に優しい物で、予算的に無理の無い、たっぷり使えるものを選びましょう。ケチケチしながら使っては何の意味もありません。近頃はプチプラで優秀な物が沢山あるので、リラックス効果のあるローズウォーターなどがオススメ。あえて「乾燥肌用」「オイリー肌用」などと分けて選ばなくてもOK。出来ればさっぱりタイプよりも、しっとりタイプが望ましいです。


これらはスポット別に塗れるので、しっかり肌と向き合って、塗っていきましょう。
特に乾燥する場所には、二度塗りがもっともオススメ。逆に乾燥する場所にはあえて塗らないでも良いです。そうすると、肌ががんばらなくっちゃ!!という気持ちになるみたいですよ(笑)特に乾燥が酷い場所は一通りのスキンケアが終わった後に、ラップパックをして寝ると、翌朝しっとりした肌になりますよ。

やはりベースメイクが大きく関わってきます。脂っぽいところから崩れ始め、また崩れたメイクって皮脂が多いとなかなかキレイになおりませんよね。
まずファンデーションを塗る前に、脂っぽい所はコットンパックを5分ほどして下さい。そして固形よりもジェルタイプのファンデーションがオススメです。指でトントンと叩いて乗せ、細部にまで付くので崩れにくくなります。苦手なら脂っぽい所にだけ、ジェルタイプでも大丈夫。仕上げにフェースパウダーで押さえて完成。余分な皮脂を押さえてくれるフェースパウダーは必須アイテムかも。


混合肌は人よりも手間がかかりますが、努力次第で随分と改善しますので、あきらめないで根気よく、上手に付き合っていきましょう。